神戸市東灘区の産婦人科ナカムラクリニック
ニュース

What's New

2016.08.09 患者さまからのお便り 更新
2016.07.20 看護助手(医学生・看護学生さん歓迎)助産師募集のお知らせ。
2015.08.26 8月24日(月)水子供養を行いました

携帯からのアクセスはこちらのQRコードを読み込んでください

神戸・東灘区の産婦人科「ナカムラクリニック」のホームページへようこそ!

長年の歴史と最新鋭の設備・新築の施設

生まれ変わったクリニック ナカムラクリニックは、神戸市東灘区の御影中町1丁目の地にて、妊娠・出産を診療の柱としておよそ40年の間の歴史を刻んできた老舗の産婦人科クリニックです。

とはいえ、今はもう昔ながらの古臭い施設ではありません。
平成13年にクリニックを継承した現院長は、平成18年3月に同じ東灘区の御影本町2丁目へクリニックを新築移転。
これまで通りの親切・丁寧でわかりやすい医療を目指す姿勢はそのままに、4Dエコーなどをはじめとする最新鋭の設備と快適な空間を整えた新しいクリニックへと生まれ変わりました。 おかげさまで、クチコミにより「安心して赤ちゃんを産めるクリニック」との評判が広がってまいりました。

現在では神戸だけでなく、近隣エリアの他府県からもたくさんの妊婦さんにお選びいただいております。 万全のバックアップ体制 モットーは、「自然分娩」。ナカムラクリニックでは、お産を生涯に幾度とない大切な「セレモニー」と捉え、妊婦さん一人ひとりの自主性を尊重してお手伝いをしています。

生涯に幾度とないお産を万全の体制でサポートします

初めてのお子さんでも、2人目以降でも、生まれてくる子とママにとってそのお産は一生に一度の大イベント。
だからこそ、当クリニックでは産婦人科として安心・安全のお産を実現することはもちろん、一人ひとりのお産が素晴らしい思い出の1ページとなるように、入院前後を含めてあらゆる角度からしっかりバックアップする体制を整えています。 たとえば、ハード面なら最新鋭の設備を充実させたキレイな院内。妊婦健診などで通院する際にも「また来たくなるような居心地の良さ」を皆様に感じていただけるよう、クリニックを新築移転する際に内装にはとことんこだわりました。

受付や待合室、エレベーターホールなどは、まるでホテルのようなゴージャス感。また、産婦人科の中とは思えないレストランのような食堂や、洗練されたインテリアが自慢の広々とした病室なども、大きな特徴です。産前産後の入院においても、患者様の緊張を和らげたり疲れを癒やしたりできるようにと、全体的に居住性を重視した建物となっています。 ちなみに、お部屋は全室個室・トイレ付き。産前産後の数日間をかけがえのない一生の思い出として残せるように、入院中にゆったり過ごせる環境づくりを徹底するためです。 そしてもちろん、ハード面だけでなくソフト面にも力を入れています。看護スタッフだけでなく、患者様と接する清掃スタッフ・調理スタッフなど、全員が常に一流のクオリティを目指しております。

さらに、分娩第1期・産褥期のケアの1つとして「アロマセラピートリートメント」を取り入れている他、退院前には専属シェフのフランス料理フルコースでのおもてなしもあり。
心身ともにご満足いただける最高の入院生活となるように、他にも様々な工夫を凝らしています。 「産後ケア」も充実 当クリニックが最も力を注いでいることの1つが、「産後ケア」の手厚さです。

「親切と安心」を合言葉にした看護体制

妊婦さんに付きっきりでお世話をする看護師や助産師たちは、優しい人柄を重視して採用。「親切と安心」を合言葉に、思いやりを第一にした看護体制を敷いています。
特に初産の方は、お産に対する心構え、赤ちゃんのお世話、おっぱいのあげ方、自分の体調の変化など、わからないことだらけで不安に思うもの。その不安を解消するために、知識・経験の豊富なスタッフ一同が心を込めて丁寧にお世話いたします。 また、妊婦さんには前もって「パーソナルチャート」という情報用紙に、ご希望のバースプランを具体的にご記入いただきます。
これは、一人ひとりの患者様に寄り添った適切なサポートを実現するためのものです。

母子同室制を採用

それから、当クリニックでは産婦人科としてはまだまだ少数派の「母子同室制」を採用しています。
親子の絆を深めるだけでなく、早期授乳・頻回授乳で母乳育児をスムーズに行えるようにするためにも、母子同室制は非常に有効な方法です。 そのため、出産翌日から24時間お母さんと赤ちゃんが一緒に過ごせるようにしています。
さらに、母乳育児がきちんと軌道に乗るよう、入院中は看護スタッフが授乳指導や乳房マッサージなども実施し、退院後のアフターケアも行なっています。