HOME > さらに詳しい当院のお産に対する考え方

クリニックのお産 より親切でより安全な医療をお約束するために

1.促進陣痛剤の使用について

陣痛促進剤は予定日が過ぎても陣痛が自然にこない場合や、
陣痛がきても分娩の進行が見られない場合に用いられます。
分娩誘発や陣痛増強は、児にとって利益があると考えられる医学的適応によってのみ行われるものであり、病院や医師の都合で分娩誘発をするものではありません。

  • 分娩誘発(予定日が過ぎても、あるいは破水したのに自然陣痛がこない場合に陣痛を誘発すること)
  • 予定日を2週間以上過ぎると、胎盤の機能が低下し、そのまま放置すると
  • お腹の中で赤ちゃんの状態が悪くなることがあります。これが過期妊娠です。
  • 従って過期妊娠にならないように、 その前に陣痛促進剤を用いて陣痛を起こします。
  • 陣痛促進剤は少量から開始し、分娩監視装置により、赤ちゃんの状態を胎児心拍で監視し、
  • 子宮収縮(陣痛の強さ)をモニターしながら投与します。
  • 具体的には、陣痛促進剤を500mlの糖液に溶かして低濃度にし、さらに微量調節のできる輸液ポンプを使っています。
  • したがって、子宮収縮が強くなりすぎること(過強陣痛)は通常ありません。
  • 万一そのようになっても、投与量を減らせば子宮収縮を弱められますので、子宮破裂や胎児仮死などの危険は十分に回避できます。
  • このように、細心の注意を払って陣痛促進剤を使用しておりますので、ご安心下さい。
  • また、陣痛が無いのに破水してしまった場合(前期破水)には、子宮内感染の有無を調べ、赤ちゃんやお母さんの状態を十分検査した上で、陣痛促進剤を用いて分娩誘発を行うこともあります。
  • 陣痛増強
  • 陣痛が徐々に強くなると子宮口が拡大し、赤ちゃんは骨盤の中へ下がってきます。
  • しかし、陣痛はきたものの、なかなか強くならない場合があります。
  • このような場合は、赤ちゃんが長時間の子宮収縮によるストレスを破り胎児仮死になったり、また母体も疲労して分娩の進行がさらに遅れる(分娩遷延)ことになります。
  • したがって、この場合にも陣痛促進剤を投与します。

2:会陰切開について

私たちはすべての産婦さんに会陰切開を行っているわけではありません。
膣壁の伸展が十分でないために、分娩のときに膣が避けると予想される場合に行っています。
膣壁の縫合には自然に溶ける吸収糸を用いて、可能な限り傷がきれいになるように
努力しています。

3.急遽逐娩について

分娩中にお腹の中で赤ちゃんの状態が悪くなることがあり、その程度がひどい場合には急いで分娩にしなければなりません。
この場合、子宮口が全開で、児頭が吸引分娩を行える位置まで下がっていれば、経膣分娩による急速逐娩(吸引分娩)を行い、それ以外の場合は帝王切開を行います。

  • 吸入分娩
  • 経膣分娩に急速逐娩法として吸引分娩を行うことがあります。
  • 児頭に吸引カップを装着し、索引して胎児を娩出させる方法です。
  • 牽引力は鉗子より弱いのですが、あとわずかで児頭が娩出される程度まで下がっていれば、
  • 安全に出来る急速逐娩法です。頭血腫が生じることもありますが、通常自然に吸収されます。
  • 帝王切開
  • 帝王切開は、妊娠中や分娩中に胎児の状態が悪くなったときや、
  • 妊娠中毒症やさまざまな合併症、さらに母体疲労など母体の調子が思わしくない場合など 、
  • 普通のお産では母児を救うことが難しいと判断されれば行われます。
  • 現在、帝王切開は手術法や麻酔法の進歩により、安全に行われるようになりましたが、
  • 100%安全な方法ではありません。帝王切開では、経膣分娩に比較すると、
  • 術中の出血や術後の血栓症や感染症の危険があります。
  • このような合併症の頻度は高くありませんが、重症の場合は危険です。
  • 日本での妊産婦死亡率は年々減っていますが、帝王切開が関与している頻度は高くなっています。
  • さらに帝王切開をした場合は、次回の分娩で子宮破裂の危険性も生じてきます。
  • したがって帝王切開を安易に考えてはいけません。
  • 私たちは、母体と胎児の状態をあらゆる面から十分に検討した上で、帝王切開が必要と判断した時に、細心の注意を払って施行しています。
  • 帝王切開が比較的安全な分娩様式であることは、このような努力の上に成り立っていることを十分に理解してください。

4.輸血について

帝王切開や弛緩出血、さらに前置胎盤や頸管裂傷、膣壁裂傷などにより、
分娩時に思いがけず大量に出血することがあります。
出血多量の場合、救命のためには輸血は絶対に必要ですので、
輸血をする場合があることを了解しておいて下さい。

▲ ページトップへ